beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

10年ぶりの関東進出なるか?駿台学園が東京4強入り(20枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 平成30年度関東高校サッカー大会東京都予選準々決勝が21日に行われ、駿台学園高大森学園高に6-3で勝利。準決勝進出を決めた。
写真を見る
photo-news
正確な左足フィードを飛ばしていたGK猪た光哉主将(3年)
photo-news
10番FW笹本周(3年)はアシスト役として機能
photo-news
中盤で力強い攻守を見せていたMF田中亮汰(3年)
photo-news
左足で縦パスを入れるCB山崎亮(3年)
photo-news
MF高根沢翔(3年)が縦に仕掛ける
photo-news
右サイドからボールを動かすSB小比類巻翔(3年)
photo-news
インターセプトした勢いで攻め上がるCB荻優太(3年)
photo-news
左SB中村海知(2年)が背後のボールに対応
photo-news
中盤のキーマン、MF吉澤翔吾(3年)は前半早々に負傷
photo-news
大森一仁監督と状態を話し合う。チームにとって痛い負傷交代だった
photo-news
後半立ち上がりから最終ラインに入ったDF田中竣(3年)
photo-news
FW大野竜之(3年)は追加点を狙ってプレー
photo-news
終盤、右サイドに入ったMF徳永夢樹(3年)
photo-news
MF鶴岡泰嘉(3年)がボールを奪い合う
photo-news
優勝した08年以来となる準決勝へ
photo-news
一戦必勝
photo-news
ここまで3戦13発。10番FW笹本らがゴールを破る
photo-news
走力もチームの支え
photo-news
主将の猪田は「一週間気合入れて次の試合に臨みたい」
photo-news
準決勝では強豪・帝京の壁を突破する

TOP