beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

15年ぶりの屈辱、大量5失点のバルサが無敗優勝逃す…イニエスタは落胆も敗因を指摘(12枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 リーガ・エスパニョーラ第37節が13日に行われ、バルセロナは敵地でレバンテに4-5で敗れた。

●リーガ・エスパニョーラ2017-18特集
写真を見る
photo-news
スペイン『マルカ』によると、バルセロナが公式戦で5失点を喫したのは15年ぶり
photo-news
昨季からのリーガ無敗記録は43でストップし、無敗優勝を逃した
photo-news
MFアンドレス・イニエスタは「無敗優勝という記録を達成できなくて残念だ」と悔やみつつ、後半立ち上がりの不安定な戦いを敗因に挙げている
photo-news
レバンテは怒涛の5連勝で15位に浮上した
photo-news
試合前に花道を作ってバルセロナを迎えたレバンテ
photo-news
すでにリーガ制覇を決めているバルセロナに対し、後半11分までに5-1と大量リード
photo-news
前半31分にベルメーレンの負傷で緊急出場したDFジェラール・ピケ
photo-news
前半38分にゴールを決めていたMFコウチーニョは、後半14分にデンベレのパスのこぼれ球を蹴り込み、2-5とする
photo-news
後半15分までプレーしたイニエスタ
photo-news
コウチーニョは後半19分にもブスケツのパスを受けて右足で決め、ハットトリックを達成
photo-news
後半26分にはブスケツが獲得したPKをFWルイス・スアレスが沈めたが、4-5で試合終了
photo-news
最終節は20日に行われ、バルセロナは本拠地カンプ・ノウでソシエダと対戦する

TOP