beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

作陽が就実に4-2勝利、決勝も制して4年ぶりにインハイへ(12枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 平成30年度全国高校総体「2018彩る感動 東海総体」サッカー競技(インターハイ、三重)岡山県予選準決勝が9日に行われ、作陽高が4-2で就実高に勝利。作陽は決勝も勝って全国出場を決めている。
●【特設】高校総体2018
写真を見る
photo-news
作陽の先発イレブン
photo-news
就実の先発イレブン
photo-news
作陽のMF原本連太郎は先制ゴール
photo-news
MF森田圭亮は中盤でチームを支えゴールも
photo-news
就実は2得点を奪い返した
photo-news
必死にボールを残そうとするDF牛田援
photo-news
作陽のFW松原大芽がスペースを狙う
photo-news
MF早川海瑠は直接FKを決めた
photo-news
ゴールを喜ぶ作陽イレブン
photo-news
就実の10番、MF永田椋也は1点差とするゴールも
photo-news
人数をかけた攻撃
photo-news
作陽はFW桑原星凪が右足で4点目のゴールを決めた

TOP