beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

インハイVへ弾み、大津が九国大付に2-0勝利(16枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 14日、高円宮杯JFA U-18サッカープリンスリーグ九州2018第9節が行われ、4位の大津高(熊本)と9位の九州国際大付高(福岡)が対戦。大津が2-0で勝ち、3位に浮上した。
●2018高円宮杯プリンスリーグ特集
写真を見る
photo-news
先制点を奪ったFW奥原零偉(3年、11番)がMF水野雄太(3年)とハイタッチ
photo-news
MF松原亘紀(3年)は高いキープ力で攻撃のポイントに
photo-news
九国大付の注目DF大川智己(3年)が相手の飛び出しをストップ
photo-news
攻撃のタクトを振るったMF田中龍人介(3年)
photo-news
左を駆け上がるDF大場秀斗(3年)
photo-news
MF富永大翔(3年)が2列目からボールを運ぶ
photo-news
DF吉田晃(2年)が背後へのボールを処理
photo-news
九国大付のゴールを守るGK石田晴也(3年)
photo-news
攻守両面で抜群の存在感を見せたDF福島隼斗(3年)
photo-news
FW大竹悠聖(3年)がゴール前を突破
photo-news
飛び出しからクロスを上げるMF高見柊真(3年)
photo-news
混戦を回避するMF高月海(2年)
photo-news
中盤でボールを運ぶMF阿比留将栄(2年)
photo-news
キレのある突破で違いを見せたMF水野雄太(3年)
photo-news
密集を抜け出すDF西原大地(3年)
photo-news
DF稗田凌太(2年)は攻撃力の片鱗を披露

TOP