beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

名門・桐光学園、激戦区・神奈川突破して全国へ(20枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 平成30年度全国高校総体「2018彩る感動 東海総体」サッカー競技(インターハイ、三重)神奈川県予選準決勝が6月16日に行われ、桐光学園高厚木北高戦は1-1で突入したPK戦の末、桐光学園が8-7で勝利。桐光学園は全国大会出場権を獲得した。
●【特設】高校総体2018
写真を見る
photo-news
全国出場を喜ぶ桐光学園イレブン
photo-news
苦しい戦いを乗り越えた
photo-news
最終ラインで存在感を放つCB内田拓寿(3年)
photo-news
MF國谷敦史(3年)の右足キックは大きな武器
photo-news
右サイドのスピードスター、MF阿部龍聖(3年)
photo-news
MF田中彰真(3年)が周囲の選手を引き締める
photo-news
FW敷野智大(3年)は前線で献身的な動き
photo-news
左サイドの突破口、MF佐々木ムライヨセフ(2年)
photo-news
中盤でボールを回収するMF中村洸太(2年)
photo-news
MF中川優(3年)は貴重な攻撃カード
photo-news
MF松永陽平(3年)は全国出場を決めるPK
photo-news
大型FW鷲塚蓮(3年)は後半32分からピッチへ
photo-news
1年生MF奈良坂巧は堂々のプレーを見せていた
photo-news
MF田中彰真が果敢な仕掛け
photo-news
そのスピードでチームのストロングポイントになっている阿部龍聖
photo-news
國谷敦史が身体を張る
photo-news
背後のスペースをカバーした内田拓寿がクリア
photo-news
ドリブラーの佐々木ムライヨセフも献身的な守備
photo-news
タレント軍団は競争を経て全国へ
photo-news
日本一を目指して戦い抜く

TOP