beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

FW楠本羽翼が一時同点とするも…東海学園は1点及ばず初戦敗退(20枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 平成30年度全国高校総体「2018彩る感動 東海総体」(インターハイ)サッカー競技1回戦が7日に行われ、東海学園高(愛知1)と盛岡商高(岩手)が対戦。盛岡商が2-1で勝利した。
(写真協力=高校サッカー年鑑)
●【特設】高校総体2018
写真を見る
photo-news
東海学園は初戦敗退
photo-news
1点を返したFW楠本羽翼(3年/右)
photo-news
チームメートとともに喜びを爆発
photo-news
DFバエッサ・フェリペ(3年)がクリアを狙う
photo-news
GK廣泰次郎(3年)は悔しい2失点
photo-news
フル出場したDF水野瑛規(3年)
photo-news
DF中島希純(3年)が後方から正確なパスを出す
photo-news
体を張って相手の攻撃を食い止めた
photo-news
サイドを駆けるDF稲田輝(3年)
photo-news
MF兵藤日向(3年)が巧みなボールコントロールをみせる
photo-news
後半の途中交代まで躍動したMF秋山陽一朗(3年)
photo-news
MF岩木神樹(3年)が相手を振り切る
photo-news
流行りの“半端ないって”の横断幕も
photo-news
FW李慧勲(3年)は最前線で果敢にシュートを放った
photo-news
終盤から途中出場したDF都築卓也(2年)
photo-news
MF加藤謙真(3年)は岩木と代わって投入された
photo-news
FWオルネラス・ビニシウス(3年)が猛然とドリブルを仕掛ける
photo-news
後半から投入されたFW塚原翔輝(2年)
photo-news
選手を鼓舞する応援スタンド
photo-news
最後の最後まで声援が鳴り響いた

TOP