beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

「勝つチャンスはあった」鹿島MF土居が語った南米王者との差(4枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 FIFAクラブワールドカップ2018の3位決定戦が22日に行われ、アジア代表の鹿島アントラーズは南米代表のリバープレート(アルゼンチン)に0-4で敗れた。

●クラブW杯2018特集
写真を見る
photo-news
「勝つチャンスはあったけど、それを自分たちで逃した」と悔やんだMF土居聖真
photo-news
「やるべきことをやれなかった」
photo-news
チームは土居も含め、チャンスを生かせずに無得点
photo-news
「決定力の差を今日は見せつけられた」と認めた

TOP