beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

関学大が2年連続天皇杯出場に王手! 獨協蹴鞠団に6発勝利で兵庫県選手権決勝へ(24枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 第22回兵庫県サッカー選手権大会の準決勝が21日に行われ、関西学院大は獨協蹴鞠団に6-1で勝利した。
写真を見る
photo-news
関学大が大量6得点で勝利を手にし、天皇杯出場に王手をかけた
photo-news
関学大MF岩本和希(4年=G大阪ユース)が広く動いて、攻守の潤滑油となった
photo-news
正確なフィードで攻撃の起点ともなったGK高見英佑(4年=三田学園高)
photo-news
関学大はFW林部晃己(3年=C大阪U-18)が落ち着いてゴールを決め、先制に成功した
photo-news
ピンポイントで合わせたCKでアシストも記録したDF渡邊英祐(2年=金光大阪高)
photo-news
相手FWへのパスをダイレクトでクリアするDF太田晃輔(3年=長崎南山高)
photo-news
常にゴールへ向かう姿勢を見せたFW山田剛綺(1年=京都橘高)
photo-news
奪ったセカンドボールを即座に展開するMF藤井敦仁(3年=広島皆実高)
photo-news
MF曽木友樹(4年=桐光学園高)はドリブルで幾度もゴールへ迫った
photo-news
この日は2ゴールと攻撃を引っ張ったFW林部晃己(3年=C大阪U-18)
photo-news
持ち味のドリブルで相手DFを攪乱したMF輪木豪太(2年=京都橘高)
photo-news
関学大はFW中村匡克(3年=洛北高)のゴールで再び流れを取り戻す
photo-news
途中出場で2ゴールを挙げたFW中村匡克(3年=洛北高)
photo-news
スピードで相手を交わしたFW山見大登(2年=大阪学院大高)がダメ押し弾
photo-news
タイミングを計ったオーバーラップでチャンスに絡んだDF本山遥(2年=神戸U-18)
photo-news
冷静なパスワークで、チームのペースを作ったMF山下諒(2年=G大阪ユース)
photo-news
DF竹本将太(4年=横浜市立東高)が空中戦で激しく競り合う
photo-news
深い位置からドリブルで仕掛ける獨協蹴鞠団FW奥田太陽(1年=神戸弘陵高)
photo-news
獨協蹴鞠団FW桑野将彦(3年=明石商高)がラストパスを狙う
photo-news
獨協蹴鞠団FW石橋オビオラ(2年=姫路別所高)が後半ミドルシュートで一矢を報いる
photo-news
身体を入れ、相手のサイドを封じる獨協蹴鞠団MF久堀紘暉(1年=石見智翠館高)
photo-news
スペースへ出されたボールをケアする獨協蹴鞠団DF鳫幕穏(2年=和歌山北高)
photo-news
獨協蹴鞠団DF佐藤大和(3年=高岡一高)が冷静にパスをつなぐ
photo-news
獨協蹴鞠団GK持田歩夢(3年=岡山龍谷高)は勇気あるプレーでゴールを守った

TOP