beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

和歌山北に2-0で快勝!初芝橋本が和歌山3連覇達成!(17枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 令和元年度全国高校総体(インターハイ)「感動は無限大 南部九州総体2019」サッカー競技(沖縄)の和歌山県予選決勝が10日に行われ、初芝橋本高和歌山北高に2-0で勝ち、3年連続16回目の全国大会出場を決めた。
●【特設】高校総体2019
写真を見る
photo-news
優勝の喜びをスタンドと分かち合う初芝橋本の選手たち
photo-news
初芝橋本MF青山将大(3年)はゴール後、スタンドの応援団の元に駆け寄った
photo-news
和歌山北から唯一優秀選手に名を連ねた闘将、DF清水陽斗(3年)
photo-news
初芝橋本は3年連続となるインターハイ出場を決めた
photo-news
応援団からエールを受ける初芝橋本のスターティングイレブン
photo-news
応援団からエールを受ける和歌山北高のスターティングイレブン
photo-news
初芝橋本のキャプテン、FW大谷澪紅(3年)
photo-news
攻守ともに安定感のある初芝橋本DF高谷和希(3年)
photo-news
好セーブを見せた和歌山北GK石橋斗夢(3年)
photo-news
2点目をアシストしたMF河井章人(3年)
photo-news
先制点を挙げたFW名願央希(3年)は、優秀選手を受賞
photo-news
いつでも前向きな声掛けが心強い初芝橋本GK横井海斗(3年)も、優秀選手に選ばれた
photo-news
初芝橋本・阪中監督も「気の利いたボール回収ができる」と評するMF山口颯士(3年)も優秀選手に
photo-news
途中出場ながら、前へボールを運びチャンスを作ったFW舩野息吹(3年)。
photo-news
DF南條斎(3年)は、セットプレーからもチャンスを生んだ
photo-news
新人戦に続いて悔しい準優勝となった北高。秋にはさらに成長した姿が見たい
photo-news
優勝トロフィーを見つめ、喜びを噛みしめる

TOP