beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

全3試合の無失点もストップ…徳島市立は3失点で4強進出ならず(24枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 令和元年度全国高校総体「感動は無限大 南部九州総体2019」(インターハイ)サッカー競技は30日に準々決勝を行い、富山一高徳島市立高に3-1で勝利した。
(写真協力=高校サッカー年鑑)

●【特設】高校総体2019
★夏季インターハイ全試合配信!試合動画はこちら
写真を見る
photo-news
徳島市立が3失点完敗
photo-news
最終ラインでボールを追ったDF土田桜介(3年)
photo-news
DF渡邉浩章(2年)が体を張る
photo-news
左サイドから攻め立てたMF佐野博紀(3年)
photo-news
徳島市立のスターティングメンバー
photo-news
円陣で気合いを入れる
photo-news
スタンドから応援を送る
photo-news
守備に奔走した土田
photo-news
頭に包帯を巻きながらもプレーした渡邉
photo-news
球際で競り合う佐野
photo-news
DF田内悠貴(3年)は体勢を崩しながらもボールから目を離さない
photo-news
パスを捌くMF野口蓮太(3年)
photo-news
FW槇野秋也(3年)は最前線でプレー
photo-news
圧巻のスピードをみせたFW木村広也(3年)
photo-news
MF川人太陽(3年)は前線でポストプレーも
photo-news
ロングスローの武器も持つ
photo-news
積極的に仕掛けたMF平佑斗(3年)
photo-news
MF中田舜貴(2年)はボランチとして攻守に奔走
photo-news
左サイドから攻撃に出たFW前川泰聖(2年)
photo-news
DF二宮蒼士(3年)は終了間際に投入された
photo-news
後半アディショナルタイムに出場したGK米田世波(3年)
photo-news
ここまで全3試合無失点だったが、準々決勝で3失点を喫した
photo-news
肩を落とす選手
photo-news
4強進出は果たせなかった

TOP