beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

大迫勇也「以前は少し恥ずかしかった」、独紙が伝えた2ゴール以上の“驚き”(12枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 ブンデスリーガは1日に第3節を行い、日本代表FW大迫勇也が所属するブレーメンはホームでアウクスブルクと対戦し、3-2で勝利した。

●海外組ガイド
●ブンデスリーガ2019-20特集
写真を見る
photo-news
2ゴールでブレーメンを勝利に導いたFW大迫勇也
photo-news
前半6分、浮き球パスに抜け出して独走。そのまま冷静に右足シュートを沈めた
photo-news
開始早々に先制点を奪取
photo-news
ブレーメンの攻撃の起点に
photo-news
ブレーメンは数的優位も後半開始早々に同点に追いつかれた
photo-news
2-2の同点で迎えた後半22分、左クロスを右足ボレー
photo-news
豪快な一発にスタジアムも湧き上がる
photo-news
大迫は早くも3ゴール目
photo-news
大迫の2点目が決勝点となった
photo-news
後半アディショナルタイムに交代
photo-news
ドイツメディアも大迫の2ゴールを伝えたが、『ビルト』によれば、試合後に“最大の驚き”があった模様
photo-news
大迫は試合終了後に初めてドイツ語でメディアと話したようで「以前は少し恥ずかしかった」と語ったという

TOP