beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

インハイは6年ぶりの全国出場。伝統校・韮崎は選手権も全国狙う(23枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 6月16日、令和元年度全国高校総体(インターハイ)「感動は無限大 南部九州総体2019」サッカー競技(沖縄)山梨県予選決勝が行われ、韮崎高日本航空高が対戦。0-0で突入したPK戦の末、韮崎が5-4で勝ち、6年ぶり30回目の全国大会出場を決めた。
写真を見る
photo-news
全国復帰を喜ぶ韮崎イレブン
photo-news
応援に応える優勝だった
photo-news
キャプテンのCB雨宮修真(3年)は無失点で責任を果たした
photo-news
FW坂本和也(3年)は準決勝で2得点の活躍
photo-news
FW石原稜(3年)がドリブルで切れ込む
photo-news
大会を通じて好守を見せたCB内田歩(3年)
photo-news
MF村松壮(2年)が右足を振り抜く
photo-news
ゴール前のこぼれ球にいち早く反応
photo-news
MF望月馨太(2年)がラストパスを狙う
photo-news
大型SB萩原大翔(2年)は打点の高いヘッドも武器
photo-news
後方から正確にボールを繋ぐ
photo-news
雨宮修真が前線にボールを入れる
photo-news
坂本和也がDFを振り切る
photo-news
石原稜は鋭いドリブルを見せた
photo-news
FW金丸立樹(3年、左)は最初の交代カードとして出場
photo-news
昨年10番を背負ったFW名執龍一(3年)は個で違いを生み出せる選手
photo-news
交代出場のMF石原和磨(2年)はチームを活性化
photo-news
PK戦まで戦い抜いた
photo-news
全員で勝ち取った頂点
photo-news
韮高魂で勝ち切った
photo-news
公立の雄が私立の壁を破った
photo-news
全国は悔しい初戦敗退
photo-news
選手権では全国で勝ち上がる

TOP