beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

10番中川がV弾!瀬戸内、如水館に競り勝って“鬼門”準々決勝を突破(12枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 第98回全国高校サッカー選手権広島県予選準々決勝が27日に行われ、瀬戸内高如水館高を1-0で下した。

●【特設】高校選手権2019
写真を見る
photo-news
昨年度の全国4強メンバーでもある瀬戸内MF田辺利樹(7番、3年)がドリブルで進む
photo-news
瀬戸内の先発メンバー
photo-news
如水館の先発メンバー
photo-news
青と白のチームカラーで気合十分の如水館の応援団。女子チアリーダーも会場に駆けつけ、試合中は華麗な技を何度も披露していた
photo-news
チームカラーの赤で統一して臨んだ瀬戸内の応援団
photo-news
如水館の前線の要であるFW西村哲平(白、3年)に瀬戸内も2人がかりで対応
photo-news
前半、如水館が武器のセットプレーからゴールを狙う
photo-news
ドリブルで敵陣を進む如水館MF畠中寛太(15番、3年)
photo-news
広島県選抜の一員として今年の茨城国体準優勝に貢献した瀬戸内DF森本凜(20番、2年)
photo-news
後半33分、PKを得た瀬戸内はFW中川歩夢が決めて先制
photo-news
瀬戸内MF小菅生大智(8番、3年)の突破に如水館DF岡田音緒(3年)が対応
photo-news
先制した瀬戸内は試合終了に向けて時間を使うプレーも。CKの際は両チームの選手がコーナーアーク付近に集結して激しく競り合った

TOP