beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

尚志に80分間対抗した聖光学院、1点に泣く(17枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 第98回全国高校サッカー選手権福島県予選決勝が17日に行われ、昨年度全国4強の尚志高聖光学院高が激突。尚志が1-0で勝ち、6年連続11回目の全国大会出場を決めた。
●【特設】高校選手権2019
写真を見る
photo-news
全国屈指の強豪相手に全員サッカーで対抗
photo-news
FW杉崎凪流(3年)は前線で力強いプレーを見せた
photo-news
MF菊池楓(3年)は中盤で献身的な動き
photo-news
左SB山口和博(3年)が丁寧にボールを繋ぐ
photo-news
MF高橋昇陽(3年)が相手の突破を阻む
photo-news
MF佐藤克樹(3年)は序盤から運動量多くプレー
photo-news
ボールに絡みながら前に出ていた
photo-news
CB馬目育実(3年)は我慢強くプレー
photo-news
スペースへのボールに対してカバー
photo-news
CB安田諒(3年)がボールを奪おうとする
photo-news
周囲と連携しながら守った
photo-news
杉崎凪流がボールキープ
photo-news
「ONE SEIKO」
photo-news
サイドから押し込もうとしたFW佐々木秀虎(2年)
photo-news
前線に高さを加えたMF佐々木陽平(2年)
photo-news
MF高橋拓海(3年)は攻撃のテンポを変えた
photo-news
無念の敗退。後輩たちが尚志の壁を越えて全国へ

TOP