beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

筑陽学園が東福岡の連覇ストップ!11年ぶりに福岡制覇(17枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 第98回全国高校サッカー選手権福岡県予選決勝が4日に行われ、7連覇を狙う東福岡高と11年ぶりの全国出場を目指す筑陽学園高が激突。筑陽学園が1-0で勝ち、3回目の優勝を果たした。
●【特設】高校選手権2019
写真を見る
photo-news
筑陽学園が11年ぶりに全国へ
photo-news
突破力を発揮し、決勝点を演出したFW深松大雅(3年)
photo-news
エースFW寺岡聖斗(3年)が前線からプレスをかける
photo-news
筑陽学園の先発メンバー
photo-news
中盤の守備で良く効いていたMF栗尾瑠(3年)
photo-news
MF古賀敬仁(3年)がドリブルで仕掛ける
photo-news
FW岩崎巧(2年)がゴール前に潜り込む
photo-news
右SBとして起用された古賀健琉(3年)がクロスを上げる
photo-news
MF藤隆成(3年)は正確なキックが特長
photo-news
左SB{今田光}}(3年)はチームの元気印
photo-news
インターセプトから一気にオーバーラップも
photo-news
古賀敬仁は栗尾とともに中盤を支えた
photo-news
深松大雅は交代出場で決勝点をアシスト
photo-news
守備固めで投入されたCB益永望光(3年)
photo-news
MF大嶋遥人(2年)は後半37分にピッチへ
photo-news
MF笹隈隼人(3年)は後半終了間際にピッチへ
photo-news
優勝をスタンドの応援団とともに喜ぶ

TOP