beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

6/2A代表練習後の選手コメント

このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本代表は2日、埼玉県内で練習を行い、4日のW杯アジア最終予選・オーストラリア戦(埼玉)に向けて調整した。冒頭部分のみ公開された練習では、フィールド選手20人が2チームに分かれて4-2-3-1のシステムを組み、手だけを使ったミニゲームや、ヘディングだけでつなぐミニゲームで汗を流した。

以下、練習後の選手コメント

●FW香川真司(マンチェスター・U)
―本田の合流から試合まで1日しかないが?
「日程的にハードだと思うけど、それはしょうがないし、やるしかない。全員がそろうのはいいことだと思う」
―あらためて、本田の良さは?
「攻撃の中でうまく変化をつけられる選手。そういうところでの力はみんなが信頼している」
―オーストラリアの高さについて。プレミアでそういうタイプの選手とやってきたことで生かされることは?
「僕は攻撃の選手なのでDFの対応は経験していないけど、セカンドボールのところで取れるかが重要。セットプレーもできるだけ与えないようにしないといけない。そういう意味で、僕らの前線からの守備が大事になってくると思う」
―乾が誕生日だが?
「え、そうなんですか。夜に何かやるんじゃないですか」

●FW乾貴士(フランクフルト)
―コンディションは?
「コンディションは問題ない。しっかり明後日の試合に向けてコンディションづくりができている」
―昨日のミーティングを受けてチームの雰囲気は?
「みんなやることを明確にできたし、同じ方向に向かっている」
―どんなプレーを見せたい?
「裏に飛び出したり、バイタルエリアで前を向いたときが自分の持ち味。そこを出していければ」
―誕生日のお祝いは何かあった?
「特にない。後輩何人かから『おめでとう』と言われたぐらい」
―オーストラリア戦に向けては?
「勝ってW杯を決めるのが一番の目標。チームとして達成できるようにがんばりたい」
―印象に残る誕生日になる?
「次で(W杯出場が)決まったら、いい誕生日になる」

●FW清武弘嗣(ニュルンベルク)
―練習が長い時間だったが?
「集中するところは集中してやれた感じです」
―オーストラリアの映像を見ての印象は?
「やっぱりデカいからロングボールを蹴ってくるイメージだし、FWの一枚にボールを入れてくる。中盤にはドイツでもやっている選手がいるし、中盤の選手は速いイメージがあるので、その確認をした」
―大柄な相手と戦う上で気を付けることは?
「なるべくフィジカルコンタクトを避けるとか、合わないところでうまくボールを受けたり、トップスピードで入ってそのままいい形でボールが入るのが一番だと思うけど、全部が全部、それができるわけじゃないので。そこはしっかり体を当てて、ボールをキープすることが大事だと思う。そこはこの1年でだいぶつかめたと思う」
―清武選手が出た場合は、セットプレーも武器になるが?
「僕が蹴ってもいいのかなという感じもあるけど、チャンスがあれば、直接以外は蹴らせてもらえればいいなと思います」
―本田選手に『蹴らせて』と言う?
「いや、言えないです(笑)。チャンスがあれば蹴れたらと思うし、蹴らせてもらえたらと思います」
―予選突破のために大事なことは?
「今は緊張感が高まってきたし、今日も練習前に監督からも『2日前だからしっかり緊張感を持ってやろう』という話があった。そういう面でしっかり練習をやれたので良かったと思う」
―五輪のときとは違うプレッシャーがある?
「突破を決めるということでは一緒だけど、W杯という本当に大きな大会。良いプレッシャーなので、楽しみながらやれればいいなと思う」
―埼玉では予選の初戦にも出ていてイメージもいい?
「埼玉スタジアムはすごく雰囲気が良い、一体感があるので、すごくプラスだと思う。あとは本当に自分たちがピッチの上でやって、勝って決めたいという気持が一番。みんなあると思うので、勝って決められたらと思う」
―気持ちについては長友選手も強調しているが?
「そういう話は選手同士もであったし、雰囲気とか、自分たちも新聞は読むので、すごく言っていることは伝わってくるし、分かるので。みんな気持ちは入っていると思う。そういうのは大事だし、最後はメンタルで決まると思うので」
―代表でFKを蹴ってみてどう?
「強い選手はたくさんいるので、中に蹴っておけば、高い選手はいるし、勝ってくれるんじゃないかなと思う」
―ボールの精度を意識?
「精度が大事だと思うし、次は相手がデカいので、スピードもすごく大事になると思う。それは今日も(吉田)麻也くんから言われたし、良い高さと良いスピードを持ったボールを蹴れればと思います」
―受け手とも話をしている?
「麻也くんからは言われます。五輪のときからそうなので」
―明日、残り3人が合流するが?
「飛行機とかは大変だけど、すごく良い状態で合流してくると思うので、明日は全員集まって、もう一回、同じ方向を向いて、4日に向けてやれればいいなと思う」

●FW前田遼一(磐田)
―状態は?
「良いと思いますよ」
―オーストラリア対策を結構やっている?
「はい」
―ラモス瑠偉さんが「前田選手と吉田選手に点を取ってほしい」と話していたが?
「期待に応えられるように頑張りたいと思います」
―オーストラリアの印象は?
「これまでとあまり変わらない。(メンバーが代わっても)チームは同じ感じだと思う」
―これまでで印象に残っているW杯突破を決めた試合は?
「大黒さんが点を取った試合ですね。その試合は見ていました」
―ゴールを決めたら印象に残ると思うが?
「もちろん点は取りたいけど、チームが勝つことが第一です」

●MF長谷部誠(ボルフスブルク)
―2時間弱の練習だったが?
「練習の内容もオーストラリア戦に向けたものになってきて、雰囲気もピリッとしたものになってきている」
―オーストラリアの映像は?
「見たけど、これまで何回も対戦しているし、ちょうど1年前もやっている。ヘディングに強い選手がいるし、セットプレーは気を付けたい。中盤の前の3人は大きくなくて飛び出してくる。セカンドボールにも気を付けたい」
―初めてホームでW杯出場を決めるチャンスだが?
「素晴らしい雰囲気をサポーターがつくってくれるし、背中を押してくれる。このスタジアムで勝たないわけがないぐらいの雰囲気をつくってくれる。勝てばW杯が決まる。サッカー選手として、これほど最高の舞台はない。気持ちは高ぶるし、楽しみです」
―アウェーでオーストラリアと対戦したときは蹴り合いのようにもなったが?
「アウェーで対戦したときはオーストラリアもつないでこようとしていたけど、怖いのは前に蹴って競らせてという形で、あのときも結局はそうなった。多少そういう時間帯はあると思うし、そこはチームとしてしっかり我慢したい。日本はパスをつないでいい攻撃をすれば、絶対に崩せる自信はある。自分たちのやろうとしているサッカーを出したい」
―明日、本田が合流するのはチームにとって心強い?
「(本田)圭佑だけじゃなくて、オカちゃん(岡崎)も(酒井)高徳も代表にとって大事な選手。タイトな日程で、明日の朝に帰ってくると思うけど、だれがいる、いないに関係なく、日本代表チームとしてやれるようにしたい」
―W杯出場がかかった試合ということで独特な緊張感もあるか?
「気持ちは嫌でも高ぶるし、そこは心配していない。ヨルダン戦、ブルガリア戦も戦ってないわけではないけど、そこが足りなかったと思うし、勝ちたいという気持ちを前面に押し出して戦いたい」

●MF遠藤保仁(G大阪)
―居残りでFKを蹴っていたが?
「いい感触だった。GKがデカいので、しっかりコースを狙わないと」
―ブルガリア戦では直接狙う位置以外は清武に蹴らせていたが?
「だれが蹴るかは決めてないし、そのときの状況によって決めたい。位置や角度、GKの位置で判断したい」
―シュウォーツァーとは何度も対戦しているが?
「やりやすい部分もあるし、やりにくい部分もある。いいコースに行けば、もちろんビッグセーブがあれば弾かれるけど、それ以外はどんなGKでも入る。GKがだれかは関係ないし、自分自身が集中して蹴りたい」
―本田と岡崎が加わればチームも変わる?
「入ってきたら入ってきたでコンディションとかもある。しっかりどのメンバーが入ってもやりたい」
―ブルガリア戦を受けて何か伝える?
「特に伝えなくても、最低限のことを伝えればいいかと思う」

●DF長友佑都(インテル)
「コンディションはすごくいい感じ。膝もいい感じで調整できているので大丈夫。昨日、本当に良いミーティングができて、一人ひとりが言いたいことを言って、しっかり話し合いができたので、今日の練習はメリハリがあったし、本当に集中して練習できた。いい雰囲気で試合に臨めると思う」
―オーストラリアの高さ対策は?
「今日、高さに関してはミーティングでしっかりやったし、練習の中で対策もできたので、対応する準備はしっかりできている。攻撃面では今までチーム全体で練習してきたものがある。個人の能力も必要だけど、しっかりと今までやってきたことを連動性を持ってやりたい」
―本田が「日本が負けるときは気持ちの問題だ」と言っていたが?
「そのとおりだと思いますね。僕もそれは感じたし、彼が来てからしっかりと今の状況や、これから僕らが進むべき道をしっかり話したいと思っている。彼が入ることによってチームはメンタル的にも一段と引き締まると思う。彼の発言や行動はみんなが意識していること。いい影響を与えられると思う」
―突破のイメージはできている?
「もちろんできている。ただ、決まる前にこんなことを言ってもどうかと思いますが、W杯出場は僕の中では通過点。僕の中ではまだまだ先に高い目標がある。一人ひとりが成長できるようにしたい」
―オーストラリアの印象は?
「基本的には彼らがやってくることは変わらないし、そこは僕らもしっかり認識できている。対策? すごい細かくやった。結構どころじゃないです」
―本田選手が合流してから試合まで1日しかないが?
「あいつが来てから話そうと思っているし、個人的にも話したいことがある。あいつならしっかりメンタルをコントロールして準備してくれると思う」

●DF内田篤人(シャルケ)
―空中戦に強いオーストラリアを抑えるためのポイントは?
「セカンドボールもしっかり拾わないといけないし、先に点が取れれば、後半の最後は向こうもそういうゲームをしてくるかもしれない。ゲームプランによっていろいろ変わるけど、ゲームを読みながらやらないといけないと思うので、上手くやりたい」
―ドイツで大きな選手とやっているが、経験を生かせる?
「体をぶつければ、そんなにと思うので。平均的に見ても向こうの方がデカいけど、うまくやれれば。押し込まれても最後やられなければいい」
―そこを切れば日本のペース?
「そんなに簡単じゃないですよ(笑)」
―ブルガリア戦では、なかなか攻撃もできなかったが?
「僕はDFですからね。やっぱり守備をしっかりやりたいと思うし、ホームで先に取られると、この前もそうだけど、逆転するにはパワーがいるので。どちらかというと向こうも必死なので、落ち着いて自分たちがゲームをやることだと思う」
―右サイドで明日合流する岡崎選手と組む可能性もあるが?
「前の選手が生きてくれればいいなと思って、僕はいつもプレーしています。それぞれの特徴があるので。極力、岡ちゃん(岡崎)はゴール前でプレーしてほしいし、清武はボールにたくさん触ってほしい。そういうことを意識してやりたい」
―昨年のオーストラリア戦でも良い連係を見せていたが?
「岡ちゃんを完全に使って、だと思う。どれだけ疲れているか分からないけど、途中からでもいいと思うし、しっかり走らせて…と思います」
―時差ボケや移動後の回復の仕方は?
「もう慣れじゃないですか? あとは精神力でカバーするしかないと思う。岡ちゃんは真面目だし、本田さんも来るけど、あの人も大した心配はしていないし」
―本田選手が試合で長時間プレーできたことはチームにも良いこと?
「だれが入っても、その人のプレー、特徴があるので、生かしながらやれたらと思います」

●DF今野泰幸(G大阪)
―チームは引き締まってきた?
「良い調整ができていると思うし、明日もあるので問題ない」
―今日の雰囲気は?
「みんなでもう一度元気を出していこうと言っていたし、練習でも声が出てきている。良い感じになってきている」
―オーストラリア対策は?
「ミーティングで相手を研究しているから、それをしっかりプレーに表すことができれば大丈夫だと思う」
―どこが大事になる?
「選手の距離感。セカンドボールのところが大事になってくる。みんなで一つになって、助け合って、必ず勝ってW杯を決めたい」
―相手でポイントになる選手は?
「ロングボールが多くなると思うけど、ケーヒルやケネディがいるので、そこで起点をつくらせないようにしたい。粘り強く、そして、フリーにさせないように、少しでも体を寄せてバランスを崩させる。それを90分続けたい」
―ケーヒルについては?
「あらためて映像を見ましたが、ヤバいですよね。空中で止まるし、しかも枠に飛ばせる。GKのいないところにヘディングできるから、ものすごいヘディングの技術だなというのは、今日のミーティングで見ていても思った」

●DF吉田麻也(サウサンプトン)
―映像で見たオーストラリアの印象は?
「いつもと一緒。これまで何度も対戦しているし、映像を見たから印象が変わることはない」
―ケネディやケーヒルは高さがあるが?
「アジアではケーヒルが一番強いと思う」
―ケネディが「日本のストロングポイントは麻也で、ウイークポイントも麻也だ」と話していたが?
「ジョシュア(ケネディ)が出てくれば楽しみだけど、出てきたらしっかり止めたい」

(取材・文 西山紘平、河合拓、矢内由美子)

▼関連リンク
ブラジルW杯アジア最終予選特集


TOP