beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

J1残留目指す湘南に衝撃…キリノのUAEクラブ移籍が急転決着

このエントリーをはてなブックマークに追加
 湘南ベルマーレは10日、FWキリノがUAEのアルシャバブに期限付き移籍すると発表した。移籍期間は2013年8月15日から2014年8月14日まで。本日アイスタで行われる清水戦の前にサポーターにあいさつし、日本を発つとしている。

 まさに急展開だ。クラブの説明によると、オファーが届いたのは8日早朝。現在降格圏の16位に低迷し、巻き返したい湘南としてもキリノを戦力として計算しており、強く慰留したが、最終的には本人の希望を尊重する形で移籍を認めた。大倉智GMは「チームに動揺はありません」と説明したが、リーグワースト2位と苦しむ攻撃陣の柱を失うのはあまりにも痛い。

 キリノは昨季途中に札幌から湘南に加入。J1を戦う今季もここまで13試合に出場2得点を挙げていた。「シーズン中に移籍をすることについて、クラブには自分のわがままを聞いてもらう形となり本当に申し訳なく思っています」と話したキリノ。「サポーターの皆さんにお願いしたいのは、ベルマーレは本当にいいチームなので、どうかずっとチームを信じて、応援し続けてもらいたいということです。僕自身も、いつまでもベルマーレのことを忘れることはできません。本当にありがとうございました」とメッセージを残している。


TOP