beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

元エクアドル代表FWカルロス・テノリオが神戸加入か

このエントリーをはてなブックマークに追加

 元エクアドル代表FWカルロス・テノリオ(34)がヴィッセル神戸に加入することになりそうだ。エクアドルメディア『ecuavisa』が伝えている。テノリオ本人が「日本からオファーがあり、契約を結んだ。クラブはヴィッセル神戸だ」と話している。

 テノリオは1979年5月14日生まれ、エクアドル出身の34歳。02年日韓W杯、06年ドイツW杯に同国代表として出場。ドイツW杯ではグループリーグで2ゴールを記録し、初の決勝トーナメント進出に貢献した。母国リーグでデビュー後は中東クラブで経歴を重ね、アル・サッド(カタール)に在籍した05-06年シーズンには得点王も獲得。12年シーズンからはブラジルのバスコ・ダ・ガマでプレーしていた。


▼関連リンク
2014年Jリーグ移籍情報ページ



TOP