beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

大久保先輩に続け!森島決意の川崎F移籍「最後のチャンス」

このエントリーをはてなブックマークに追加
 大分トリニータから川崎フロンターレに移籍したFW森島康仁。やはりこの移籍には“あの人”の存在が関係していた。

 FW大久保嘉人と森島は、森島が滝川二からC大阪に入団した06年にともにプレーしている。大久保が翌年移籍したため、一緒にプレーしたのは1シーズンだけだったが、公私ともにお世話になったと話す。

 そんな大久保が昨シーズン移籍した川崎Fでいきなりキャリアハイの26得点を記録すると、初の得点王を獲得。「あの人をここまで引き出したのはすごいんだなって思った」。そんな中で届いたオファー。大久保からも「すごくいいチーム」と誘われたこともあり、決断に時間はかからなかった。

「自分のFW像を覆してくれるサッカーだと感じている。早くチームに馴染めるようにしないといけない。自分がFWとしてレベルアップ出来る最後のチャンスだと思っている。自分が毎日成長できるように、頑張っていきたい」

 昨季はリーグ戦は7ゴールにとどまったが、カップ戦を含めた公式戦のゴール数は3年連続で2桁ゴールを記録している。ただそんな森島でもレギュラーの座は確約されていない。「他人と比べると挫折は少ないかもしれないけど、今までの経験を台無しにしないようにしたい」。先輩大久保もライバルになり得るレギュラー争いを制し、デカモリシが更なる高みを目指す。

(取材・文 児玉幸洋)

▼関連リンク
2014年Jリーグ移籍情報ページ


TOP