beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

川島がPKストップ!連敗を止めたスタンダールが首位でPO進出決定

このエントリーをはてなブックマークに追加
[3.8 ベルギーリーグ第29節 スタンダール・リエージュ2-0メヘレン]

 ベルギーリーグは8日、第28節を行い、日本代表GK川島永嗣の所属するスタンダール・リエージュはホームでメヘレンと対戦し、2-0で勝利した。5日の代表戦からチームに復帰した川島は15試合連続のフル出場。先制して迎えた後半34分にはPKを止め、3試合ぶりの勝利に大きく貢献した。

 前半をスコアレスで折り返したスタンダールは後半27分に均衡を破る。MFメフディ・カルチェラのスルーパスにFWミッチー・バチュアイが抜け出し、冷静に右足でゴールに流し込んだ。

 先制に成功したスタンダールだったが、後半33分にPKを献上。それでも、同点のピンチを日本代表の守護神がMFセト・デ・ビッテのキックを完全に読み切り、横っ飛びセーブ。すると、同35分にはPKを外したセト・デ・ビッテがラフプレーで一発退場となり、スタンダールは数的優位に立った。

 後半39分にはMFイブライマ・シセが高い位置でボールを奪い、FWイモー・エゼキエルがドリブルから追加点。2-0で完封勝利を飾った。連敗を2で止め、3試合ぶりの白星を挙げたスタンダールは、年間リーグ1位が確定した。

 ベルギーリーグは年間リーグ終了後、上位6チームが勝ち点の半分(奇数の場合は繰り上げ)を持って「プレーオフ1」を戦う。「プレーオフ1」で3位以内に入ると、来季のEL予選3回戦(3位)、欧州CL予選3回戦(2位)、欧州CL本選(1位)の出場権がそれぞれ与えられる。


▼関連リンク
欧州組完全ガイド

TOP