beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

香川後半出場のユナイテッドはシティとのダービーに完敗し、シーズンワースト10敗目…

このエントリーをはてなブックマークに追加
[3.25 プレミアリーグ第28節 マンチェスター・U0-3マンチェスター・C]

 プレミアリーグは25日、日程が変更されていた第28節を行い、日本代表MF香川真司の所属するマンチェスター・ユナイテッドはホームでマンチェスター・シティとのダービーマッチを迎えた。前半の立ち上がりと後半の立ち上がりにFWエディン・ジェコに得点を許したユナイテッドは、攻撃の形をつくれない。後半44分にもMFヤヤ・トゥレにダメ押しゴールを許し、0-3と屈辱の完敗。シーズンワースト記録のプレミアリーグ10敗目を喫した。

 今シーズン、すでに01-02、03-04シーズンと並ぶシーズンワースト記録の9敗目を喫しているユナイテッド。ダービーでのワースト記録更新は阻止したいところだったが、キックオフから1分で失点を喫してしまう。PA内でMFサミル・ナスリにシュートを打たれるとボールは左ポストを叩き助かったが、ボールはジェコに届き、ゴールに流し込まれる。

 攻守の切り替えの早いシティは、前半18分にもビッグチャンスをつくる。GKダビド・デ・ヘアのキックをMFヤヤ・トゥレがカットして、縦にパスを入れる。これを受けたMFダビド・シルバがゴール中央のジェコにパス。ジェコはゴール右隅にシュートを放ったが、GKデ・ヘアが好セーブで凌いだ。

 ユナイテッドも前半24分には右サイドからMFマイケル・キャリックのクロスをPA内でMFダニー・ウェルベックがフリック。これがファーサイドで浮いていたMFマルアン・フェライニに渡る。フェライニはボレーでゴールを狙ったが、シュートはGKジョー・ハートに、正面でキャッチされた。

 前半40分にもユナイテッドは、右サイドからDFラファエウ・ダ・シウバが入れたクロスからチャンスをつくる。PA内中央のルーニーが空振りしたボールは、MFフアン・マタに届いたが、右足のシュートはクロスバーを越えてしまう。前半はアウェーのシティがリードして折り返した。

 後半開始と同時にユナイテッドは、MFトム・クレバリーを下げて、香川を起用する。しかし、立ち上がりはシティのペースが続く。7分にはCKからニアサイドでDFビンセント・コンパニが流したボールをMFフェルナンジーニョがヘッドしてゴールを狙ったが、これはわずかにクロスバーを越える。同11分に再びCKを得たシティは、ジェコがDFリオ・ファーディナンドを外して右足でシュートを決めて、リードを2点に広げた。

 チャンスらしいチャンスのないユナイテッドは、後半21分にフェライニを下げて、MFアントニオ・バレンシアを右SHに投入。ルーニーをボランチに下げて、ウェルベックを1トップに上げ、香川を左SHに移し、ボールを前線に運ぼうとする。後半25分にはPA内でウェルベックがシュートしたが、GKハートに抑えられた。同27分にもラファエウのクロスからウェルベックがヒールキックでゴールを狙ったが、これもGKハートに阻まれた。

 デイビッド・モイーズ監督は後半32分に最後の交代枠でFWハビエル・エルナンデスを投入する。しかし、エルナンデスまでボールが届かない。逆に後半44分にもヤヤ・トゥレにダメ押しゴールを決められたユナイテッドは、ライバルにホームで屈辱的な0-3という敗戦を喫している。

▼関連リンク
欧州組完全ガイド
プレミアリーグ2013-14特集

TOP