beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ATのFW平井弾で福岡がホーム無敗をキープ! 横浜FCに初黒星を付ける

このエントリーをはてなブックマークに追加
[3.30 J2第5節 福岡1-0横浜FC レベスタ]

 J2は30日、第5節を各地で行い、アビスパ福岡横浜FCと対戦した。今季ホームゲームは1勝1分と無敗の福岡に対し、4位の横浜FCは今季2勝2分と無敗。両チームの意地がぶつかり合う一戦となったが、後半アディショナルタイムに途中出場のFW平井将生が決勝ゴールを決めて、ホームの福岡が1-0で勝利した。

 最初の決定機は、横浜FCがつくる。攻撃参加したDF市村篤司の折り返しを、PA内でMF小野瀬康介が右足で捉える。ボールはGK神山竜一の横を抜けたが、右ポストに嫌われた。対する福岡も15分に速攻からMF金森健志が抜け出して、GK南雄太の鼻先でシュートしたが、ボールはゴール右に逸れた。同31分にも福岡は、MF石津大介がPA外からゴールを狙ったが、これも枠を捉えきれなかった。

 スコアレスのまま迎えた後半、横浜FCが福岡ゴールに迫った。後半8分には左サイドの高い位置でボールを持ったMF寺田紳一のパスをオーバーラップしたDF中島崇典が受けて、MF野崎陽介のシュートを導いたが左サイドネットに外れる。その後も、野崎、小野瀬、途中出場のホナウドらがゴールを狙うが、得点を挙げられなかった。

 耐えた福岡は、石津がPA内でシュートを放ったが、体を張った横浜FCの守備に阻まれる。さらに後半44分にも石津からのパスを受けた平井がフィニッシュに持ち込んだが、シュートはDF野上結貴にブロックされて得点はできない。同45分には横浜FCもPA外から市村が強烈なシュートを放ったが、枠を左に逸れている。

 このまま試合終了かと思われたアディショナルタイム4分、福岡はDFイ・グァンソンが攻撃に参加する。自陣で得たFKを前線に入れると、イ・グァンソンがフリックする。これに平井が反応し、PA内でボールを受けて反転して右足でシュート。これが決まって、福岡が土壇場で勝ち越した。この平井の今季2点目となるゴールが決勝点となり、福岡が1-0で勝利。勝ち点を8に伸ばし、初黒星の横浜FCを順位表でもかわしている。


TOP