beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

李の一撃で勝利をもぎ取った浦和、横浜FMは5戦無得点

このエントリーをはてなブックマークに追加
[4.29 J1第10節 浦和1-0横浜FM 埼スタ]

 J1は29日、第10節を各地で行い、埼玉スタジアムでは浦和レッズ横浜F・マリノスが対戦した。前半をスコアレスで折り返した試合は、後半11分にFW李忠成のゴールで先制した浦和が、そのまま逃げ切って2試合ぶりの勝利を収めた。一方の横浜FMは5試合連続ノーゴールと得点力不足に陥り、白星から見放されている。

 前節、連勝が3でストップした5位浦和は前節からメンバーを2人入れ替え、DF永田充とMF平川忠亮を先発で起用。開幕3連勝後、6戦未勝利と苦しい状況の13位横浜FMは前節からメンバーを5人入れ替え、MF小椋祥平とMF兵藤慎剛に加え、今季リーグ戦初先発となるDF奈良輪雄太、DFドゥトラ、MF三門雄大をスタメン起用して、この一戦に臨んだ。

 前半6分にMF阿部勇樹がこの試合ファーストシュートとなるミドルを放ったように、リズムを作ったのはホームの浦和だった。左右に展開して横浜FM守備網に隙を生み出すと、そこにパスを打ち込んでボールを敵陣深くへと運ぶ。前半8分にはスローインを受けたMF原口元気が狙うも、シュートはGK榎本哲也の正面を突いた。

 前半最大のチャンスとなったのは13分の場面。中央でボールを受けたMF柏木陽介が右サイドに展開すると、平川がゴール中央へ鋭いクロスを送る。ボールに反応した原口がヘディングシュートを放ったが、榎本のセーブに遭いネットを揺らすことはできなかった。

 対する横浜FMは攻撃の組み立てに苦労し、思ったように決定機を作れない。前半11分に中盤でボールを奪った三門がそのままシュートまで持ち込み、同13分には藤田がミドルシュートを放つも得点には結び付けられない。前線でボールを収めることができずにPA内に侵入する回数は限られ、スコアレスのまま前半終了を迎えた。

 後半7分に永田があわやオウンゴールをいうバックパスのミスを犯すも、直後にはカウンターから原口が中央に切り込んで強烈なシュートを放つなど、後半も浦和が主導権を握る。すると、後半11分についに試合を動かす。柏木のCKをドンピシャのタイミングで合わせた李がヘディングで叩き込んで、先制点を奪った。

 同点に追い付きたい横浜FMは後半13分にMF齋藤学、同18分にFW伊藤翔を投入して反撃を試みる。同22分にはMF中村俊輔のスルーパスに反応した伊藤がミドルレンジから狙ったが、シュートは枠を捉えられなかった。後半36分には最後のカードとなるMF中町公祐をピッチに送り込むも、浦和の粘り強い守備に遭ってシュートまで持ち込めない時間帯が続く。

 結局、そのまま逃げ切った浦和が完封勝利を収め、2試合ぶりの白星を獲得した。一方の横浜FMは5試合連続ノーゴールで7戦未勝利と苦しい戦いが続いている。

(取材・文 折戸岳彦)

▼関連リンク
[J1]第10節 スコア速報


TOP