beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

シティが2季ぶりVに王手!!最終節を残して首位浮上

このエントリーをはてなブックマークに追加
[5.7 プレミアリーグ第29節延期分 マンチェスター・C4-0アストン・ビラ]

 プレミアリーグは7日、第29節延期分の1試合を行い、暫定2位のマンチェスター・シティがホームでアストン・ビラと対戦し、4-0で快勝した。4連勝で勝ち点を83に伸ばし、同81のリバプールを抜いて、ついに首位浮上。最終節を残して、2シーズンぶりのリーグ制覇に王手をかけた。

 立ち上がりから果敢に攻め込んだ。両SBが高い位置を取るシティは前半5分、オーバーラップしてきたDFアレクサンダル・コラロフが左サイド角度のない位置からシュート。同12分にはDFパブロ・サバレタの右クロスにMFヤヤ・トゥレが右足で合わせたが、GKの好セーブに阻まれた。

 前半35分にはカウンターからヒヤリとさせられる場面もあったが、終始、ゲームを支配。しかし、前半39分、トゥレのスルーパスからサバレタの折り返しにMFダビド・シルバが合わせた場面でも、シュートはDFのブロックに阻まれ、ゴールネットを揺らすことはできなかった。

 激しい雨が降り注ぐ中、後半に入ってさらに攻勢を強めたシティは後半19分、シルバのスルーパスからサバレタの折り返しにFWエディン・ジェコが右足で合わせ、待望の先制点を奪った。同27分にもサバレタの右クロスからMFサミル・ナスリがシュート。GKが弾いたこぼれ球をジェコが左足で押し込み、連続ゴールで2-0とリードを広げた。

 後半44分、トゥレの折り返しから途中出場のFWステファン・ヨベティッチが3点目。後半アディショナルタイムにもカウンターで自陣からドリブルで独走したトゥレがダメ押しゴールを決め、4-0のゴールラッシュを締めくくった。

 快勝で延期試合を制し、4連勝を飾ったシティは勝ち点を83に伸ばし、同81のリバプールを抜いて、ついに首位に立った。11日にホームで行われる最終節のウエスト・ハム戦に勝てば、文句なしで自力優勝が決定。シティが最終節に引き分け、リバプールが勝って勝ち点84で並んだとしても、得失点差で「13」の差があり(シティ+63、リバプール+50)、シティが圧倒的優位の状況だ。なお、この結果により、勝ち点79の3位チェルシーは最終節を残して優勝の可能性が消滅した。


▼関連リンク
プレミアリーグ2013-14特集

TOP