beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

長友と香川が“眠れぬ夜の反省会”

このエントリーをはてなブックマークに追加
 コートジボワール戦から一夜明け、イトゥに戻ってきたザックジャパン。練習後、取材に応じたDF長友佑都(インテル)が試合後にFW香川真司(マンチェスター・U)とレシフェの宿舎で“左サイド反省会”を開いたことを明かした。

「昨日は悔しくて眠れなかった」と切り出した長友は、「眠れない時間、左サイドのクロスで2失点したことについて(香川)真司と話をした。真司も悔しくて眠れないと言っていた」と続けた。

 ともにサイドから相手を崩していく攻めを得意とする両国だったが、コートジボワールの作戦は、右サイドで数的優位をつくりながら日本の左サイドを徹底的に突くというものだった。

 FIFA発表の公式スタッツによると、コートジボワールの攻撃パターンは「右サイド60%、中央25%、左サイド15%」。数字上からも右サイド一本槍と言っていいくらいに徹底していたことが分かる。

 目的はもちろん、日本の攻撃の生命線である左サイドを押し込むことで、日本の良さを消そうというもの。サイドバックをウイングに近い位置まで上げることでサイドで数的優位をつくりながら、香川に守備をさせることで日本の攻撃を封じるというやり方だ。

 長友は「真司がDFラインに吸収され、完全に相手の戦術にハマッてしまった」と分析した。

 問題はすぐ解決するに限るとばかりに、深夜のうちに反省会を開いたのは正解だろう。長友は「ああいう戦術をされたとき、ゾーンだけでは世界レベルで守るのは難しい。僕らには体格もないし、マンツーではないけど、人を見るのも必要という意見も出た」と、前向きな解決法を口にした。

 コートジボワール戦で多くのことを学んだザックジャパン。初戦に敗れたのは痛いが、選手たちは必死に修正を図ろうとしている。真夜中の反省会をギリシャ戦に生かすべく、あらたな準備期間が始まった。

(取材・文 矢内由美子)

★大会日程やTV放送、最新情報をチェック!!
2014W杯ブラジル大会特設ページ
★全64試合の公式ダイジェスト動画を配信!!
2014W杯ブラジル大会動画ページ


TOP