beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

“噛みつき”スアレスをFIFAが調査開始…最大24試合出場停止も

このエントリーをはてなブックマークに追加
[6.24 ブラジルW杯D組 イタリア0-1ウルグアイ ナタル]

 ウルグアイ代表FWルイス・スアレスの“噛みつき”行為について、FIFAが調査に乗り出した。『ガーディアン』が報じている。

 スアレスは24日に行ったグループリーグ第3戦のイタリア戦で、後半35分にエリア内でDFジョルジョ・キエッリーニと接触。その時は特にお咎めもなく、プレーは続行となったが、キエッリーニが左肩を出してアピールしていたように、リプレーを見る限りでは、完全にスアレスが噛みつき行為を行っていた。

 同紙は前科もあることから、FIFAが定める最大の24試合の出場停止処分が下る可能性を指摘。原則的にはクラブでの試合も含めてのものとなりそうだが、慣習的には代表戦のみとなるとの見解も示している。


★大会日程やTV放送、最新情報をチェック!!
2014W杯ブラジル大会特設ページ
★全64試合の公式ダイジェスト動画を配信!!
2014W杯ブラジル大会動画ページ

TOP