beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

日本製寝具でケガも回復?単独初来日のネイマール「腰は良くなってきている」

このエントリーをはてなブックマークに追加
 バルセロナのブラジル代表FWネイマールが31日、来日し、都内で行われた寝具メーカー「東京西川」のイベントに出席した。

 U-16ブラジル代表の一員として出場した2008年8月の豊田国際ユース大会、サントス時代の2011年12月のクラブW杯以来、約2年半ぶり3度目の来日となったネイマールだが、単独では初来日。「また日本に来ることができてとてもうれしい。また何回も来れるようにがんばりたい」と笑顔で話した。

 当初は前日30日午後に来日予定だったが、出発地の悪天候により搭乗便が遅延し、半日遅れでこの日午前、羽田空港に到着した。昼にはフジテレビ系のバラエティー番組「バイキング」に生出演。その後、都内で「東京西川」のサポート契約締結会見に出席した。

 以前から「東京西川」のスリーピング・コンディショニング・ギア[エアー]シリーズを愛用しているというネイマール。同社は今回の滞在中に同シリーズのオーダーメイド枕も提供する予定で、今後はネイマールを起用したテレビCMなどの広告展開を行っていく。

 同シリーズについて「リラックスに適していて、コンディション回復にも役立っている」と、その効果を口にするネイマールは現在、懸命なリハビリを続けている。今月4日に行われたブラジルW杯準々決勝のコロンビア戦で後方からDFフアン・スニガの膝蹴りを受け、腰椎を骨折。全治40日から45日と診断されたが、現在はコルセットを装着して自力で歩けるまでに回復した。

「腰もだんだん良くなってきている。これから100%になると思う」と順調な回復をアピール。今後は8月5日にチームに合流する予定で、同18日のガンペール杯・クラブレオン(メキシコ)戦での実戦復帰を目指している。昨季はリーガ・エスパニョーラで2位に終わり、欧州チャンピオンズリーグもベスト8で敗退。「次のシーズンはいいシーズンにしたいと思っている。がんばって体を治して、いいシーズンにしたい」と誓っていた。


▼関連リンク
リーガ・エスパニョーラ2014-15特集


TOP