beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

先発デビューを飾ったハーフナー、あわやという場面作るもノーゴール

このエントリーをはてなブックマークに追加
[8.25 リーガ・エスパニョーラ第1節 R・マドリー2-0コルドバ]

 リーガ・エスパニョーラは24日、第1節を行い、FWハーフナー・マイクが所属するコルドバレアル・マドリーと対戦した。ハーフナーは先発出場でリーガデビューを飾り、後半21分までプレーした。

 42年ぶりに昇格したコルドバの最前線に配置されたハーフナーは、前半7分にビッグチャンスを迎える。MFロペス・シルバのPA内での仕掛けは相手DFにブロックされるも、こぼれ球に反応したハーフナーが右足で強烈なシュートを放つ。ボールはわずかにゴール左に外れて先制点とはいかなかったが、リーガデビュー戦でいきなり見せ場を作った。

 しかし、徐々にR・マドリーに押し込まれ始めると守備に回る時間が長くなり、なかなか敵陣深くでプレーできなくなる。DFセルヒオ・ラモスとDFペペを相手に激しく競り合って基準点になろうとしたが、味方のサポートが少なく効果的な攻撃につなげられなかった。

 だが、前半30分に先制を許し1点をリードされて迎えた前半終盤に再び見せ場を作る。前半42分、CKをドンピシャのタイミングで合わせてヘディングシュートを放ったが、これもゴール左にわずかに外れてしまった。

 後半に入ってもクロスを呼び込み、CKに飛び込んでシュートを狙うなど前線で存在感を示したが、後半21分にピッチを後にする。リーガデビュー戦では自身に得点は生まれず、チームも0-2で敗れた。


▼関連リンク
リーガ・エスパニョーラ2014-15特集


TOP