beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

移籍話に影響は?香川は脳震盪で負傷交代

このエントリーをはてなブックマークに追加
[8.26 キャピタル・ワン杯 ドンズ4-0マンチェスター・U]

 キャピタル・ワン杯の2回戦が26日に行われ、日本代表MF香川真司の所属するマンチェスター・ユナイテッドは、3部リーグのMKドンズと対戦。試合を優位に進めるかと思われたユナイテッドだが、前半25分に先制を許すと、後半もまさかの3失点。0-4で惨敗を喫してしまった。

 ようやく巡ってきたチャンスも前半20分負傷交代という結果に終わってしまった。リーグ戦2試合連続不出場の続いた香川だが、公式戦3試合目にしてようやくトップ下での先発機会が与えられた。しかし開始早々に相手選手との接触プレーで鼻出血。治療を終えてピッチに戻ったが、前半20分にMFアドナン・ヤヌザイとの交代を余儀なくされた。

 公式サイトによると、診断の結果は脳震盪。中盤の故障者が相次ぐ中で、香川までその中に加わってしまった。レアル・マドリーからアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアを獲得したことで周囲は騒がしくなる一方だが、移籍話にも影響は出てくるのだろうか。

▼関連リンク
プレミアリーグ2014-15特集


TOP