beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

守備崩壊のマンUは昇格組レスターに5失点で今季2敗目

このエントリーをはてなブックマークに追加
[9.21 プレミアリーグ第5節 レスター 5-3 マンチェスター・U]

 プレミアリーグは21日、第5節2日目を行い、マンチェスター・ユナイテッドは、アウェーでレスター・シティと対戦した。前節、QPRから今季リーグ戦初勝利を挙げたユナイテッドは、FWロビン・ファン・ペルシーのシーズン初ゴールなどでリードを奪って前半を折り返したが、後半に守備が崩壊。大量4失点を喫して、3-5と大敗を喫した。レスターが最後にリーグ戦でユナイテッドに勝利したのは1985年のこと。プレミアリーグになってから初となる金星を挙げている。

 超大型補強を敢行した攻撃陣の活躍で、前節、初勝利を挙げていたユナイテッド。この日も攻撃陣が爆発する。前半13分、左サイドを抜けたFWラダメル・ファルカオが左足でクロスを入れると、ファン・ペルシーがヘッドで先制ゴールを決める。その3分後にもユナイテッドは、MFウェイン・ルーニーのパスを受けたMFアンヘル・ディ・マリアが芸術的なループシュートで2試合連続となるゴールを決めた。

 大枚を叩いて獲得した攻撃陣が活躍する一方、未整備の守備陣は脆さを見せる。追加点から1分後、ユナイテッドは左サイドを破られると、FWジェイミー・バーディのクロスをFWレオナルド・ウジョアにヘッドを決められる。GKダビド・デ・ヘアも反応できずに、1点差に詰め寄られた。

 さらに前半30分にはDFジョニー・エバンズが負傷。DFクリス・スモーリングとの交代を強いられた。1点リードで後半を迎えたユナイテッドは、後半も序盤は良いリズムで攻めた。4分にはルーニーからのパスを受けたファルカオが、トラップから1バウンドしたボールを素早くボレーシュート。しかし、これはクロスバーに嫌われる。それでも後半12分には、右サイドからのクロスをファン・ペルシーがヘッドで落とすと、これをディ・マリアがシュートしたボールをゴール前にいたMFアンデル・エレーラがヒールでコースを変えてゴールゲット。リードを2点に広げた。

 ところが、やはり守備が落ち着かない。後半17分、最終ラインの裏にボールを出されると、これを追ったDFラファエウ・ダ・シウバがバーディにショルダーチャージで倒される。ボールを回収したバーディがPA内にドリブルしたところ、ラファエウが背後からファウル。これで与えたPKをFWデイビッド・ニュージェントに決められる。さらに、その2分後にも緩い守備から、初先発のMFエステバン・カンビアッソに同点ゴールも許してしまう。

 こうなると試合の流れは、完全にレスターのものとなる。後半31分には、PA内でMFアンディ・キングが惜しいシュートを放ったが、左に逸れて行った。ユナイテッドは32分に、最後の交代枠でディ・マリアを下げ、MFフアン・マタを投入する。しかし、これも裏目に出た。同34分にマタがボールを失い、左サイドから速攻を受ける。中央のバーディにパスを通されると、GKと1対1になったバーディが確実にゴールを決めて逆転に成功する。

 ユナイテッドの悪夢は終わらない。後半38分には、バーディに背後を取られたDFタイラー・ブラケットがPA内で背後からバーディを倒して、PKを献上。ブラケットは一発退場となった。このPKを再びニュージェントに決められて、リードを2点に広げられる。一人少ないユナイテッドは、反撃に出ることができず。6分間のアディショナルタイムもレスターに攻め込まれたが、辛くもダブルスコアにされることだけは阻止して90分を終えた。

▼関連リンク
プレミアリーグ2014-15特集


TOP