beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

田中順也が鮮やかFK弾!!リーグ戦初ゴールが決勝点となりS・リスボンを勝利へ導く

このエントリーをはてなブックマークに追加
[1.11 ポルトガルリーグ第16節 ブラガ0-1スポルティング・リスボン]

 ポルトガルリーグは11日、第16節を各地で行った。FW田中順也の所属する4位スポルティング・リスボンは敵地で5位ブラガと対戦し、1-0で勝利した。ベンチスタートとなった田中だったが、後半33分から途中出場すると後半アディショナルタイムに決勝点となる直接FKを決め、チームの勝利に大きく貢献した。

 試合は両チームともに決定機を生かせずに0-0のまま後半アディショナルタイムへ。そのまま試合は終了するかと思われたアディショナルタイム4分、味方のパスに反応した田中がPA外まで飛び出した相手GKと接触し、PA手前右でFKを獲得。FWナニもFKを蹴れる位置にいたが、田中が利き足の左足を思い切りよく振り抜き、弧を描きながらゴール上右隅に突き刺した。田中の鮮やかなFKが決勝点となり、S・リスボンが3位に浮上した。

 田中は昨年11月21日の国内杯4回戦エスピーニョ(3部)戦で移籍後初ゴールを挙げていたが、この日ついにリーグ戦初ゴールを記録。この日を含めてリーグ戦16試合を終えて、田中はわずか4試合、時間にして38分とアディショナルタイムしかプレーしていないが、1ゴール1アシストと出場すればしっかり結果を残している。

▼関連リンク
欧州組完全ガイド


TOP