beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

失点シーンを悔やむ森重「自分と麻也の距離が空いてしまった」

このエントリーをはてなブックマークに追加
[1.23 アジア杯準々決勝 日本1-1(PK4-5)UAE シドニー]

 一瞬の隙を突かれた。DF森重真人(F東京)は前半7分に許した先制点について「何でもない縦パス1本。そこは反省しないといけない」と悔やんだ。

 今大会初失点が重くのしかかった。立ち上がりから最終ラインの背後を取られていた守備陣は前半7分にロングパス1本でFWアリ・マブフートに裏を突かれ、先制点を献上。DF吉田麻也との間から背後に走り込まれ、「(吉田)麻也が見るならしっかり麻也が見ないといけないし、自分が見るなら、相手を視野の中に入れてできたらよかった」と、相手の動き出しに反応できなかった。

 パスの出し手にもプレッシャーがかからず、フリーな状況だったが、「相手がフリーで蹴れる状況なら自分が下がらないといけない。自分もあの1本を出されて、ゴールまで行くとは思ってなかった。自分と麻也の距離が空いてしまった」と、センターバックとして自分を責めた。

 中3日のUAEに対し、中2日だった日程面に関しては「疲労の部分でどうこう言いたくない」と言い訳はしなかった。「最後の精度が足りなかったから負けた」。前半32分にはショートコーナーから森重がヘディングシュートを狙うなどセットプレーでもチャンスはあった。「自分も含めてチャンスはあった。それを決められない自分たちの弱さ」。攻守において反省の言葉が続いた。

(取材・文 西山紘平)

▼関連リンク
アジア杯2015特集


TOP