beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

武藤2発のF東京が敵地で昨季王者G大阪と分ける

このエントリーをはてなブックマークに追加

[3.7 J1第1ステージ第1節G大阪 2-2 F東京 万博]

 J1は7日に開幕し、万博陸上競技場では昨シーズンの王者ガンバ大阪FC東京が対戦した。前半アディショナルタイムにFWパトリックのゴールで先制したG大阪は、後半8分にもFW宇佐美貴史が自ら得たPKを決めた。しかし、F東京もFW武藤嘉紀が2ゴールを決めて試合を振り出しに戻し、試合は2-2のドローで終了している。

 すでにゼロックススーパーカップとACLで公式戦計3試合を戦っているG大阪は、右SBにDFオ・ジェソク、左SBはDF藤春廣輝が入っている。負傷欠場のMF今野泰幸の代わりにMF明神智和が先発出場。2列目にはMF大森晃太郎とMF倉田秋が入った。対するF東京は、4-3-3の布陣。CBでは日本代表DF森重真人とDFカニーニがコンビを組み、3ボランチはMF梶山陽平をアンカーに、MF羽生直剛とMF米本拓司が脇を固め、トップ下にMF河野広貴、2トップにFW武藤嘉紀と新加入のFW前田遼一が入っている。
[スタメン&布陣はコチラ]

 開幕戦ということもあってか、両チームともに序盤は落ち着かない。その中でG大阪は前半12分にDF岩下敬輔がハーフウェーライン付近からロングシュートでゴールを狙い、GK権田修一の守るゴールを脅かす。同16分にもMF遠藤保仁がCKから直接ゴールを狙ったが、これもGK権田に阻まれた。

 シュートに行く回数の少なかったF東京は、左SB太田宏介がゴール前にクロスを供給するが、味方には合わない。ゴール前での見せ場が少ない展開が続いたが、G大阪は33分に倉田のパスを受けた明神がPA外からミドルシュートでゴールを狙ったが、左に逸れて行った。

 前半終了間際になり、ようやく両チームがゴールに迫る場面をつくる。F東京は、39分に梶山がPA外からシュートを放つが、DFにブロックされて右へ外れる。40分にはG大阪も宇佐美がPA内にドリブルで仕掛けたが、勇気ある飛び出しを見せたGK権田に抑えられている。

 このまま前半を終えるかと思われたアディショナルタイムに試合が動く。G大阪は宇佐美が敵陣深くでボールをキープ。このときボールがラインを越えたのか、F東京の守備の足が止まったときに、遠藤にボールを落とすと、遠藤がゴール前に柔らかいクロスを入れる。これにFWパトリックがヘッドで合わせて、ホームのG大阪が1点をリードして前半を折り返した。

 1点を追うF東京は、後半開始から太田を下げてDF丸山祐市をピッチに送り出す。後半4分には右サイドからDF徳永悠平の折り返したボールを武藤がヘッドで合わせたが、GK東口順昭の正面を突いた。対するG大阪は7分に、PA内で宇佐美が倒されてPKを得ると、これを自ら決めてリードを2点に広げる。その後もG大阪は、前に出てくるF東京に対してカウンターチャンスをつくる。

 F東京は14分に河野を下げて、FW林容平をピッチに送り出す。前からの圧力を強めるF東京は、16分に徳永がクロスを入れる。ボールはゴールマウスに飛んだがGK東口が懸命にボールをクロスバーの上へ弾き出した。

 20分にF東京は、早くも交代枠を使い切る。羽生に代わり、MF東慶悟が投入された。しかし24分、G大阪がまたもゴールに迫る。右サイドを突破したパトリックが、宇佐美にパス。ボールは足元に入り過ぎてしまったが、巧みにボールをコントロールした宇佐美がシュート。しかし、これはGK権田に防がれた。

 F東京は後半30分、PA内で武藤がDFを背負いながら反転シュートを決めて、1点差に詰め寄る。1点差になったG大阪は34分に宇佐美を下げて、FWリンスを投入する。前半40分には遠藤の縦パスをリンスが受けて、深い位置までボールを運ぶ。リンスの落としたボールを受けた遠藤が左足に持ち替えてDFを外し、シュートを放ったが、GK権田の正面を突いた。

 終盤にはF東京がG大阪を押し込む。後半45分には徳永のクロスボールに林が飛び込んだがわずかに合わなかった。それでもアディショナルタイムには相手のミスを逃さずに武藤がミドルシュートをゴールに突き刺し、同点に追い付く。このまま2-2で試合は終了。ディフェンディングチャンピオンのG大阪は土壇場で2011年以来となる開幕戦白星を逃している。

(取材・文 河合拓)


TOP