beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「楽しかった!」今季も健在、寿人弾などで広島2年連続開幕戦勝利

このエントリーをはてなブックマークに追加
[3.7 J1第1節 広島2-0甲府 Eスタ]

 サンフレッチェ広島はホームでヴァンフォーレ甲府との開幕戦を迎え、2-0で勝利した。前半10分にFW佐藤寿人が、15年J初ゴールを決めて先制に成功すると、後半42分には新戦力のFWドウグラスがヘディング弾を決めて、勝利を決定づけた。広島は昨年に続く開幕戦勝利となった。

 背番号11は今年も健在だ。広島は前半10分、MF青山敏弘がロングフィードを前線に送ると、佐藤の胸にピンポイントで合う。絶妙なボールコントロールでシュート態勢に入ると、得意の左足で豪快にゴールネットに突き刺した。「最高です!」「楽しかったです!」。インタビューで絶叫した佐藤。ゴールシーンについては、「トシ(青山)のおかげ。半分はトシのゴール。いい形で先制点が取れて良かった」と、笑顔を弾けさせた。

 さらに広島にとっての朗報は、徳島から加入したドウグラスが得点を記録したことだ。後半22分から投入されると、同42分、左サイドからMF森崎浩司の上げたCKにDFと競り合いながら飛び込むと、頭で触って得点。昨季はJ1で結果を残すことが出来なかったブラジル人が、J1初ゴールを決めて、開幕戦勝利に花を添えた。

 森保一監督も、「後半、追加点を取ろうということを忘れず実践してくれた」と満足げに試合を振り返ると、「ドウ(ドウグラス)自身もこれからチームに良さを生かしてくれると思う。(得点の場面については)その前にいたDF佐々木翔も相手をつぶしてくれていた」と、新戦力の活躍を称えていた。


▼関連リンク
[J1]第1節1日目 スコア速報


TOP