beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

独メディアが香川をベスト11に選出した理由説明、「それは事実として…」

このエントリーをはてなブックマークに追加
[12.13 ブンデスリーガ第16節 ドルトムント4-1フランクフルト]

 日本代表MF香川真司が所属するドルトムントは13日、ブンデスリーガ第16節でフランクフルトに4-1で勝利した。2試合連続のベンチスタートとなった香川だが、前半43分から途中出場すると、後半12分にFWピエール・エメリク・オーバメヤンの勝ち越し点をアシスト。逆転勝利で3連勝を決めたチームに大きく貢献した。

 6戦ぶりの今季7アシスト目を決めた香川を複数のドイツメディアではベストイレブンに選出。『ラッテンクロイツ』では「負傷したFWマルコ・ロイスの代わりにハーフタイム直前に投入された香川だが、エンジンが温まるのにさほどの時間を必要としなかった。2-1としたオーバメヤンへのアシストでドルトムントを勝利に導いた。また、試合全体を通して常に香川は価値のあるプレーをしていた」と評価を受けている。

 また、『シュピーゲル』でも香川は第16節の11傑に選ばれた。同紙は「このポジションにはドルトムントのMF香川真司を選んだ。特にこのポジションは決めるのが難しく、ドルトムントから複数の選手が候補に上がった中、香川が選ばれた形だ」と説明した。

 ドルトムントからMFイルカイ・ギュンドガンやMFユリアン・バイグルも候補に入る中で香川を選んだ理由については、「なぜこのポジションで香川が1位になったのか? それは事実として、香川が43分にFWマルコ・ロイスの代わりとして投入されてから、ドルトムントの試合運びが良くなる一方だったからである」と綴っている。

「この試合において、香川はオーバメヤンの重要なゴールへのアシストを記録し、自身も2度のシュートを放ち、ファイナルサードへと10本ものパスを通した。彼自身に得点はなかったものの、充分1位に値するだろう」


●ブンデスリーガ2015-16特集
●欧州組完全ガイド

TOP