beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

人気サッカー漫画「シュート!」の大島司氏が地元掛川で初の原画展を開催

このエントリーをはてなブックマークに追加

 伝説的な人気サッカー漫画「シュート!」などの作品を生み出した漫画家の大島司氏が地元・静岡県掛川市で初の原画展を開催する。

 掛川市の市制10周年と大島氏のデビュー25周年を記念した「大島司原画展」。掛川市二の丸美術館で今月5日から2月14日まで開催され、「シュート!」のほか、同じく掛川を舞台にして現在連載中のバレーボール漫画「アタック!!」など、名作漫画の中から厳選した原画を展示する。

 今回の原画展では、02年に元日本代表MF小野伸二を描いた「小野伸二物語」の貴重な原画も初公開。複製原画・オリジナルグッズの販売のほか、会期中は「大島司カフェ」も限定オープンする。

【大島司原画展】
■会期
2016年1月5日(火)~2016年2月14日(日)
■会場
掛川市二の丸美術館
■開館時間
9:00~17:00(入館は16:30まで)
■休館日
月曜日(祝日の場合は開館、翌日休館1月12日、2月12日)
■観覧料
一般200円/中学生まで無料

大島司(おおしま・つかさ)
1970年1月30日静岡県掛川市生まれ。1990年週刊少年マガジン(講談社)にて「シュート!」でデビュー。同作は、1993年にアニメ化、1994年に実写映画化され、Jリーグ開幕と同時期に日本サッカー界にムーブメントを巻き起こす作品となった。1994年には、第18回講談社漫画賞を受賞。現在は、漫画アクション(双葉社)にて、バレーボール漫画「アタック!!」を連載中。


TOP