beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[選手権]國學院久我山が前回準V・前橋育英下し初の4強入り! 星稜は4年連続ベスト4:準々決勝第2試合

このエントリーをはてなブックマークに追加

 第94回全国高校サッカー選手権は5日、準々決勝を行った。第2試合では星稜高(石川)、國學院久我山高(東京)が準決勝進出を決めた。なお、準優勝は9日に埼玉スタジアムで行われる。

 駒沢陸上競技場では、連覇を狙う星稜高(石川)が明徳義塾高(高知)と対戦した。星稜が前半27分にキャプテンのMF阿部雅志(3年)が先制点を挙げると、前半終了間際にFW大倉尚勲(3年)が追加点。後半13分にも阿部がこの日2点目を挙げた星稜が3-0で勝利し、4年連続のベスト4進出を決めた。

 ニッパツ三ツ沢球技場では、國學院久我山高(東京)と前橋育英高(群馬)が対戦した。前半スコアレスで折り返したが、國學院久我山が後半12分にFW内桶峻(3年)のゴールで先制。最後まで前回大会準優勝の前橋育英にゴールを許さず、1-0で勝利。初の準決勝へ駒を進めた。

 以下、準々決勝第1試合の結果

【準々決勝】
(2016年1月5日)
[駒沢陸上競技場]
星稜高 3-0 明徳義塾高
[星]阿部雅志2(27分、53分)、大倉尚勲(39分)

[ニッパツ三ツ沢球技場]
國學院久我山高 1-0 前橋育英高
[國]内桶峻(52分)

(写真協力『高校サッカー年鑑』)

▼関連リンク
【特設】高校選手権2015
連載:高校マン・オブ・ザ・マッチ2015
DAYS×ゲキサカ連動企画「全国のつくしを探せ!」特設ページ


TOP