beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[FA杯]レスター岡崎が今季4点目も…トッテナムとのプレミア上位対決はドローで再試合に

このエントリーをはてなブックマークに追加
[1.10 FA杯3回戦 トッテナム2-2レスター・シティ]

 FA杯は10日、3回戦を行った。FW岡崎慎司の所属するレスター・シティは敵地でトッテナムと対戦し、2-2で引き分けた。岡崎は後半から出場し、同3分に今季4点目を挙げている。

 試合はプレミアリーグ4位のトッテナムが均衡を破る。前半8分、MFナセル・シャドリの左足シュートはGKカスパー・シュマイケルに弾かれたが、MFクリスティアン・エリクセンがPA手前から右足で押し込み、先制に成功した。

 2位と好調のレスターもすぐさま同点に追いつく。前半19分、MFデマライ・グレイの右CKにニアに飛び込んだDFマルチン・バシレフスキがヘッドで合わせて、1-1と試合を振り出しに戻した。

 さらにレスターは後半開始から岡崎を投入。攻勢を強めると後半3分、MFアンディ・キングからパスを受けた岡崎がPA左で相手2人をかわして右足シュート。これはGKミシェル・フォルムに防がれたが、こぼれ球を岡崎が泥臭く強引に左足で押し込み、2-1と逆転に成功した。

 このまま試合終了かと思われたが、後半44分、MFネイサン・ダイアーのハンドでトッテナムがPKを獲得。キッカーのFWハリー・ケインが落ち着いてゴール左へ蹴り込み、2-2の引き分けに終わり、再試合が行われることになった。


●欧州組完全ガイド
●プレミアリーグ2015-16特集

TOP