beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

初戦は反省のU-23代表FW久保、タイ戦に向け「勝つことだけを考えたい」

このエントリーをはてなブックマークに追加
 最前線に入って攻守に奮闘した。13日に行われたリオ五輪最終予選グループリーグ初戦・北朝鮮戦。U-23日本代表FW久保裕也(ヤングボーイズ)は相手にリズムを作られる時間帯は献身的に守備に奔走し、攻撃面ではポスト直撃のシュートを放つなど存在感を示した。

 チームが1-0の完封勝利を収めて白星スタートを切ったこともあり、「勝ち点3を取れたので、それが一番でかかったですね」と振り返ったものの、自身のプレーについては「もっとボールに絡めたと思う」と反省を口にする。

「ロングボールが多かったというのもありますが、あまりボールを受けられなかった。チャンスメイクも少なかったし、もっとシュートを打った方が良かったですね」

 2日後にはGL第2戦のタイ戦が控えている。タイの印象は「結構つないでくるイメージ」としながらも、自分たちのサッカーができれば問題ないと言う。「自分たちがもっと良いプレーをすれば大丈夫だと思うので、とりあえず勝つことだけを考えてやりたいですね」。

 北朝鮮戦ではポスト直撃のシュートを放ちながらも無得点に終わった。だからこそ、「ゴールを奪いたい気持ちはもちろんあるので、チームのためにゴールにつながるプレーをしたい」とゴールへの強い意欲を示した。

(取材・文 折戸岳彦)

●AFC U-23選手権2016特集


TOP