beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

“温存”されたスピードスター…U-23代表FW浅野「ピッチに立つことしか考えていない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 最後まで出番が訪れることはなかった。13日に行われた初戦の北朝鮮戦。1点をリードしたU-23日本代表は試合終盤に押し込まれる時間帯が続いた。しかし、相手最終ラインの裏にはスペースが生まれ、FW浅野拓磨の快足が活きるシチュエーションとなったものの、背番号16はベンチで試合終了のホイッスルを聞いた。

 試合後の取材エリアで手倉森誠監督は、「浅野選手を使わなかったのは他の対戦国に見せたくなかったからか?」との問いに、「(報道陣の)皆さん、私の気持ちが分かっているじゃないですか」と語ったように、“切り札”となる浅野の温存を決断した。

 浅野自身は「監督の考え方があるし、まずはチームの勝利が一番大事なので、しっかり勝てたことが良かったと思う」と話しつつも、「一人の選手として、プレーしたかった気持ちが正直なところがあります」と胸の内を明かした。

 16日のグループリーグ第2戦タイ戦に向け、手倉森監督が「前線の選手が普通の試合の1.5倍くらい走っているし、他のアタッカーにチャンスを与えたい」と起用法を明かしたように、浅野にも出場機会が与えられる可能性は高い。「ピッチに立つことしか考えていない」と語るスピードスターは、「自分の持っているものをすべて出せるように準備をしたい」と自慢の快足を最終予選の舞台で披露することを待ちわびている。

(取材・文 折戸岳彦)

●AFC U-23選手権2016特集


TOP