beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「もっと頑張らないとと思っていた」…FW鈴木武蔵が豪快先制弾!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
[1.16 リオデジャネイロ五輪アジア最終予選GL第2節 U-23タイ 0-4 U-23日本 グランド・ハマド・スタジアム]

 迷いはなかった。前半27分、MF矢島慎也(岡山)からセンターサークル付近でパスを受けたMF遠藤航(浦和)がダイレクトで前線に送ると、PA内に進入したFW鈴木武蔵(新潟)はヘディングでボールを落ち着かせて右足を振り抜いた。

「航くんとアイコンタクトが取れましたし、僕も裏に出してほしいと要求していた」。狙いどおりのボールを受けると、「感触はすごい良かった」と右足から放たれた強烈なシュートは相手GKのニアサイドを抜いて豪快にネットを揺らし、チームに貴重な先制点をもたらした。

 初戦の北朝鮮戦は緊張もあり、硬さもあった。本人も「周りが見えなかった」と振り返る。しかし、1-0の完封勝利を収めて白星スタートを切ると、「ちょっと肩の荷が下りたような気がします」と明かし、「タイ戦ではFWとして当然ゴールを狙っていきたい」とゴールへの強い意欲を示していた。

 有言実行のゴール。「北朝鮮戦では植田(直通)が決めてくれたので、FW陣ももっと頑張らないとと個々で思っていたと思う。ゴールを決めたいという思いがすごいあったし、そこで点を取れたのは良かったと思います」と安堵の表情を見せた。

(取材・文 折戸岳彦)

●AFC U-23選手権2016特集


TOP