beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

今季公式戦3度目のハット達成も…スアレス「最も大事なのは勝つこと」

このエントリーをはてなブックマークに追加
[1.17 リーガ・エスパニョーラ第20節 バルセロナ6-0ビルバオ]

 バルセロナのFWルイス・スアレスが、完勝したリーガ・エスパニョーラ第20節ビルバオ戦を振り返った。クラブ公式サイトがスアレスのコメントを伝えている。

 バルセロナは17日、本拠地カンプ・ノウでビルバオと対戦した。前半4分にスアレスがGKゴルカ・イライソスのファウルを誘い、イライソスが退場。これをFWリオネル・メッシがきっちり決めると、スアレスが後半3得点を挙げるなど、バルセロナが6-0と大勝した。

 スアレスは昨年10月25日のリーガ第9節エイバル戦、同年12月17日のクラブW杯の広州恒大戦に続く、今季公式戦3度目となるハットトリックを達成した。

 しかし、ウルグアイ代表FWは「試合最初の退場後、僕らは試合のチャンスを生かす術を知っていた。僕はゴールを決められて嬉しいけど、最も大事なのは勝つことだった」と、自身の出来よりもチームの勝利を喜んだ。

●リーガ・エスパニョーラ2015-16特集


TOP