beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[コパ・デル・レイ]メッシ&スアレス不在もネイマールが決勝点、バルサはビルバオに先勝

このエントリーをはてなブックマークに追加

[1.20 コパ・デル・レイ準々決勝第1戦 ビルバオ 1-2 バルセロナ]

 コパ・デル・レイ(スペイン国王杯)の準々決勝第1戦が20日に行われ、バルセロナは敵地でビルバオに2-1で勝利した。

 17日のリーガ第20節・ビルバオ戦で右足ハムストリングの違和感を訴え、ハーフタイムに交代していたメッシ。検査の結果、幸いにも軽傷と診断され、この日の試合にも間に合うかに思われたが大事を取って欠場した。またスアレスは出場停止処分を受けているため、不在だった。

 3日前の同カードでは6-0の大勝を果たしているバルサは、この日も先制。前半18分、MFアルダ・トゥランの縦パスに抜け出たMFイバン・ラキティッチがグラウンダーのクロス。詰めていたFWムニル・エル・ハダディがシュートを決め、1-0と先制に成功した。

 さらに前半24分には“MSNトリオ”で唯一出場していたFWネイマールが追加点。PA内でパスを受け、飛び出てきたGKを冷静にかわしてシュートを流し込んだ。2-0と差を広げる。

 終了間際の後半44分には自陣でのパスミスからボールを奪われ、最後はFWアリツ・アドゥリスに決められたものの、2-1で勝利。バルサが敵地で先勝した。第2戦はバルサのホームで27日に開催される。


●リーガ・エスパニョーラ2015-16特集


TOP