beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

欧州挑戦を決断…神戸MF森岡がポーランド1部へ完全移籍、背番号は10番に決定

このエントリーをはてなブックマークに追加
 ヴィッセル神戸は23日、MF森岡亮太(24)がポーランド1部のシロンスク・ヴロツワフへ完全移籍することを発表した。森岡はポーランドでも背番号10をつけることが決定している。

 久御山高から10年に神戸へ加入した森岡は、ここまでJ1リーグ113試合12得点、J2リーグ18試合5得点を記録。14年8月にはA代表に初招集され、昨季もリーグ戦30試合に出場し、神戸の中心選手として活躍してきた。

 クラブを通じて森岡は、「ヨーロッパで活躍するという目標に向けて、成長し、進んでいくための第一歩として、今回この移籍を決断しました。ここからさらにステップアップできるように、ポーランドで全力を尽くしたいと思います」と海外での活躍を誓う。

 また、これまで支えてくれた方々へ向けては「高校卒業から6年間お世話になった神戸の街、市民の皆様、サポーター、選手、スタッフには、とても感謝しています。これからは一人のサポーターとしてヴィッセル神戸を応援していきます。そして、あの森岡は、実はヴィッセル神戸にいたんやで、と胸を張って言ってもらえるような選手になるために頑張ります」と感謝の気持ちを述べた。

 また、クラブは「ファン・サポーターの皆様へ」と題した森岡のメッセージ動画も公式サイト上に掲載している。

●2016年Jリーグ移籍情報


TOP