beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

leccaのデビュー10周年企画、宇佐美がMV初出演!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
 ガンバ大阪に所属するFW宇佐美貴史が女性レゲエ歌手leccaの代表曲『My measure』のミュージック・ビデオ(MV)に出演することが分かった。宇佐美がMVへ出演するのは初のこととなる。

 昨年8月に宇佐美が出演していた番組内で『My measure』の歌詞について「まるで自分のことを歌っているのかと思うくらいリンクする」とコメントしていたのをleccaのスタッフが知り、オファーへ発展。今回の企画が実現したという。leccaは4月にデビュー10周年を迎え、今月27日には初のベストアルバム『BEST POSITIVE』をリリースする。

 MVはオリジナルの映像に、昨年末にG大阪のホームスタジアムで撮影した映像を加えた内容。宇佐美のサッカーに対する思いやひたむきな感情が合わさり、歌詞がより印象強く感じられる作品となっているという。また宇佐美とleccaのインタビュー映像も公開されている。

 宇佐美は「leccaさんの曲自体は中学校の頃から聴いていました。2014年2月に怪我で手術を受けて、2か月のリハビリ期間があった時に、チームのトレーナーが気持ち的にも技術的にも、今これを積み上げて欲しいという一本の動画を作ってくれて、その中に『My measure』がBGMとして使われていました。その映像を観た時に、その歌詞がバッと入ってきて。まるで自分の事を歌ってくれているような。あの頃は本当に辛かったですが、あの曲を聴いてずっと頑張っていました」と明かした。

 またleccaは「正直、宇佐美選手のような、端から見れば「天才」と言ってもいいくらい才能溢れるスター選手が、なぜ挫折や鬱屈を歌う私の曲を聴いてくださっているのか最初は不思議でした」とコメント。

「けれども、ご本人に少し質問をさせていただいて、その疑問はすぐに解消されることとなりました。闘う本人の意識というものは、その人の周りには見えない、わからないところで熱く常に火を絶やさずに燃やされ続けているものなのだなと感じました。スターや強大な選手には陰の部分や苦悩や葛藤が普通の人よりも少ないのでは、などと浅薄にも感じていた自分自身のものの知らなさを露呈してしまうようでお恥ずかしい限りです」

「様々なスタッフさんの尽力もあり、今回の特別出演が果たされたことを私自身いまだにまるで夢のように感じております。スポーツ選手というのは国の宝、という風に感じていますので、お忙しいスケジュールの中お時間を割いてくださったことを本当にありがたく思っています」と感謝を綴っている。

lecca / My measure (G大阪/日本代表・宇佐美貴史 MUSIC VIDEO VER.) from BEST ALBUM『BEST POSITIVE』
⇒映像はこちら

lecca / My measure (G大阪/日本代表・宇佐美貴史 INTERVIEW VER.) from BEST ALBUM『BEST POSITIVE』
⇒映像はこちら


TOP