beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

バルササポが“しつこい”レアルへメッセージ…ネイマールの“禁断の移籍”を阻止へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
 バルセロナは27日、コパ・デル・レイ(スペイン国内杯)の準々決勝第2戦でビルバオと本拠地カンプ・ノウで対戦し、3-1で逆転勝利。2戦合計でも5-2としたバルサが準決勝進出を決めた。この試合でバルササポーターが掲げた横断幕が話題となっている。スペイン『スポルト』が報じた。

 バルサのFWネイマールに対して、レアル・マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長が本腰を入れて獲得に乗り出していると先日報じられた。ネイマール獲得に向けてレアルは、年俸3500万ユーロ(約45億円)の5年契約という破格の条件を用意しているという。

 これに対してバルササポーターが動いた。ビルバオ戦で「ネイマール行かないでくれ、ネイマール残留してくれ」というチャントを歌い、ネイマール獲得を狙うライバルクラブの会長へ向けては、「しつこいフロレンティーノ、ネイマールはフィーゴと同じではない」と書かれた横断幕を掲げた。

 フロレンティーノ会長は過去に、あらかじめ契約解除金を根回しし、バルサから元ポルトガル代表MFルイス・フィーゴを獲得する、“禁断の移籍”を成立させていた。このことをサポーターは根に持っているようだ。サポーターの希望通り、ブラジル代表のエースはバルサ残留となるのだろうか。

●リーガ・エスパニョーラ2015-16特集

TOP