beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

宿敵韓国撃破!カタールでさく裂“ジャガー浅野”!!ピッチに伝わった「攻めるぞという意思」

このエントリーをはてなブックマークに追加

[1.30 リオデジャネイロ五輪アジア最終予選決勝 U-23韓国 2-3 U-23日本 アブドゥッラー・ビン・ハリーファ・スタジアム]

 ジャガーポーズがカタールの地でさく裂した。「日本のみなさんを待たせていたので、この舞台でジャガーポーズが出来たのは良かった」。FW浅野拓磨は笑顔を弾けさせた。

 切り札投入は明確なメッセージになった。2点の先行を許したU-23日本代表だったが、手倉森誠監督は後半15分から浅野を投入を決断。「拓磨が入ったことで攻めるぞという意思が伝わった」。MF矢島慎也が話したように、ピッチ上の選手たちの攻撃のスイッチを入れた。

 迎えた後半22分、矢島のスルーパスでDFの裏を取った浅野が右足でゴールネットを揺らし、流れを一変させると、直後の同23分にはDF山中亮輔の左クロスに浅野がニアでつぶれると、矢島が豪快なヘディングシュートを突き刺し同点。ショックを引きずる韓国守備陣を一気に攻めたてた。

 そして最大の盛り上がりを見せた瞬間は後半36分、競り合ったDFと体を上手く入れ替えて抜け出した浅野がエリア内まで持ち込むと、冷静に左足でゴールネットを揺らす。宿敵韓国を撃破してのアジア制覇。しかも大逆転というこれ以上ないシナリオを完結させた。

「やっとゴールが取れました」と2発のヒーロー。「慎也君は自分を見てくれていると信じていた。今までもゴールを取れなくて、チームを苦しめてしまったので、こういう大舞台で決めることが出来て、チームの勝利に貢献することが出来て良かった」。アジアで示した可能性。若き侍は今夏、ブラジル・リオデジャネイロの地で世界を相手に大暴れする。

●AFC U-23選手権2016特集


TOP