beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

群馬のレジェンド、アカデミーダイレクター鳥居塚氏がC大阪U-12の監督就任

このエントリーをはてなブックマークに追加
 ザスパクサツ群馬は3日、アカデミーダイレクターを務めていた鳥居塚伸人氏が2月よりセレッソ大阪U-12の監督に就任することを発表した。同選手は現役時代、03年から08年まで群馬(当時草津)でプレー。J2昇格に貢献するなど創成期のクラブを支え、引退後は同クラブのコーチを経て、アカデミーダイレクターの役職に就いていた。

 鳥居塚氏はクラブを通じ、「一度失ったプロとしての道を、地元の群馬で30歳とういう年齢にもかかわらず、再び歩むチャンスをいただいたザスパに感謝の気持ちでいっぱいです。選手として6年間、指導者として7年間、サポーターの方々を始め、指導した選手はもちろんの事、仲間、その他多くの関係者に支えられ、ここまで育てていただきました。この経験を活かし次のステージでも、しっかりとした人間教育と、より良い選手の育成を目指し頑張っていきたいと思います。お伝えしたい想いはたくさんありますが、13年間本当にありがとうございました」と、感謝の言葉を述べた。


TOP