beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

元アーセナルのアルシャフィンがクバン退団…現役引退の可能性も

このエントリーをはてなブックマークに追加

 クバン・クラスノダールが、元ロシア代表MFアンドレイ・アルシャフィン(34)との契約を解消することを発表した。

 ゼニトでプロキャリアをスタートさせたアルシャフィンは、EURO2008での活躍により欧州の強豪クラブが獲得に動き、2009年2月にアーセナルへ移籍した。2013年の夏にはレンタル移籍を経て、ゼニトに復帰していたが、2014-15シーズン終了後に契約満了で退団。今季からクバンでプレーしていたが、出場機会に恵まれず、ここまでリーグ戦8試合の出場にとどまっていた。

 クバンは公式サイトを通じて「彼がどのような役割を担うことになっても、今後のプロとしてのキャリアにおける成功を願う」とエールを送ったが、英『テレグラフ』はアルシャフィンがこのまま現役を引退する可能性もあると報じている。


TOP