beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

中国からのオファーはモイーズ氏にも だが本人は「私の心はプレミアリーグに」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 デイビッド・モイーズ氏は、プレミアリーグでの監督業に復帰することに意欲を見せながらも、中国からもオファーを受けたと明かしている。

 エバートンマンチェスター・ユナイテッドで監督を務めたモイーズ氏は、昨年11月にソシエダ監督を解任されて以来フリーとなっている。有名選手や監督らを集める中国スーパーリーグからの誘いは、同氏のもとにも届いていたようだ。

 モイーズ氏は今後の去就の見通しについて、イギリス『BBC』に次のように語った。

「私の心はずっとプレミアリーグにあった。中国からのオファーもあったよ。特にイングランドに戻ってきてからは、私には数多くのチャンスがあった」

「適切な仕事を選びたいと思っている。本当に興奮できる仕事、本気で取り組むことのできる仕事だ。自分のやりたいと思うやり方でチームの指揮を執りたいと感じているんだ」

 ユナイテッドではモイーズ氏の後任としてルイス・ファン・ハール監督が指揮を執っているが、来季はジョゼ・モウリーニョ氏が招聘されるのではないかとも噂される。

「ジョゼはおそらく世界最高の監督の一人だ。マンチェスター・ユナイテッドは偉大なサッカークラブであり、あそこで仕事をしたいと思わない監督は世界に誰もいないと思う」

「大きな問題は、今の監督がいるということだ。誰かの仕事について話をするのは良くないと思う。サッカーでは、誰かが仕事を失うことについてあまりにも安易に話をしすぎるように思える」

●プレミアリーグ2015-16特集
世界のサッカー情報はgoal.com


TOP